株式会社アンビシオン株式会社アンビシオン

MENU

会社概要代表挨拶

AMBICION(アンビシオン)は、スペイン語で「大志」という意味です。
歴史を振り返ると、クラーク教授が日本の生徒に伝えた「Boys be ambitious!(少年よ、大志を抱け)」の言葉は有名ですが、当社の社名には、NKT細胞標的がん免疫療法を世に普及させ、がんで苦しむ方のために、がん治療の未来を変えていけるように社員全員が大志を持って取り組むことを誓う意味が込められています。

1986年にナチュラルキラーT(NKT)細胞を発見し、以来このNKT細胞を用いた全く新しいがん免疫治療の開発に取り組んで来られた谷口 克博士(現国立研究開発法人 理化学研究所 客員主管研究員)の考えに賛同し、この新しいがん免疫治療を「がん」により苦しむ方々にお届けするという大きな志を持った仲間が集まり、アンビシオンという会社が誕生いたしました。

今や日本人の2人に1人は何らかの「がん」にかかる時代と言われています。「がん」にかかると一般的には手術や薬物療法(抗がん剤など)、放射線治療といった治療が標準治療として行われますが、多くの方々が治療を受けた後も「がん」の転移や再発といったリスクと向き合いながら過ごすこととなります。
私たちが皆様にお届けするNKT細胞標的がん免疫治療は、これまで行われてきたがん免疫治療とは作用機序の全く異なる新しい概念のがん免疫治療です。NKT細胞標的がん治療は、がん免疫システムを強力に活性化し、長期がん免疫記憶を作り上げます。そのため、がんの転移や再発を抑制し、長期延命効果が期待できます。
私たちはNKT細胞標的がん治療を標準治療として世の中に提供していくことにより社会に貢献して参りたいと考えております。

代表取締役 斉藤 欣幸